僕の宵と明けの唄

僕の宵と明けの唄

アスペルガー症候群の僕の生活・趣味を綴ります。

アスペルガー症候群と恋愛

恋をしました。

困りました。

毎日の、時々の、折々に彼女のことを考えてしまいます。

で、何ヵ月も経て、専門家に相談して納得しました。

「人を好きになるのは偶発的」
「人を好きになれたことは幸せ」
「好きな感情はどうしようもない」

ただし、
「好きになることは自由、感情も自由」
だけれども
「行動には制限がある」

逆にいえば、
「嫌いな人を殴ってもいいのか?」
ってことで、わかりやすいかと思います。

◼️アスペルガー症候群の視野の狭さ
四六時中、彼女のことを考え、周りの人の気持ちも考えずに相談することは、
周りの人をまず不快にさせます。
不愉快にさせます。

四六時中考える苦しみは仕方ないし、行動を起こそうとする心を自制するのはつらいですが、日常に弊害をもたらすことが多いので、対処しなくてはなりません。

アスペルガー症候群の視野の狭さを認識しましょう。
「はじまったな」と。

「何を失っても彼女を手に入れる」
のは、やめましょう。やめることにしましょう。

だって、どうせまた違うだれかを好きになるんですから。。

( ´゚д゚`)アチャー


隠れアスペルガーでもできる幸せな恋愛